海外FXで作った借金は自己破産できない?

   2021/07/21

大きく資産を増やせる可能性がある海外FXは、副業代わりにも最適と人気になっています。ただ、副業として海外FXをする際に注意をしておきたいことが、借金です。

借金が大きく膨らみ、返済が難しくなった場合は自己破産という救済措置があります。ただ、海外FXが原因でできた借金の場合は、自己破産が認められない可能性があるので注意が必要です。

副業代わりに海外FXをすれば、借金をすることになってしまうかといえば、その可能性は限りなく低いものです。国内業者の場合は、ロスカットが間に合わず損失が出た場合は、利用者がその損失を補填する必要があります。
そのため、思わぬ借金を背負ってしまうことは少なくありません。

それに対し、海外FXはロスカットによって損失が出ても、損失部分は業者が補うゼロカットシステムを採用している業者が多いため、暴落が起きても失うのは入金をしたお金のみとなっています。そのため、国内業者に比べて海外FXは借金を背負うリスクが少ないというメリットがあります。

ただ、失っても大丈夫な余裕資金だけでなく、生活費まで全て注ぎ込んで取引をしていたり、失ったお金を取り戻すために消費者金融を利用したりするなど、思わぬ形で借金をする可能性がないとは言い切れません。

こうしてできた借金の返済ができない状況に陥り、自己破産を考えるしかなくなった場合、その手続きが認められない可能性があります。こうした状況を避けるためには、海外FXによる借金を作らないようにしておくことがおすすめです。

生活に影響が出ない余裕資金しか使わない、万が一入金したお金を失うことになっても手持ちの資金に余裕がない限り深追いしないようにしておくと良いでしょう。

そして、もう一つ気を付けておきたいのが利用をするだけで詐欺被害に遭うような業者に引っかからにようにすることです。詐欺業者に引っかかれば、余裕資金を失う以上の被害に遭ってしまう可能性がないとは言い切れません。

そのため、安全に海外FXを利用したいのであれば、口コミなどで評判を確認した上で登録に進むようにしておくと良いでしょう。利用によって借金を背負うリスクがないかなど、口コミで確認しておけば、安心してトレードを行うことができます。

さらに、良い海外FXを見つけた後は、ゼロカットがあるから安心と気を抜き過ぎることなく、堅実なトレードをしていくことがおすすめです。それにより、自己破産などの心配なく、投資を続けていくことができるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket