これからのクラウド時代に

   2021/06/21

皆様もご存知の通り様々な情報がクラウド上に蓄積されるようになり、セキュリティーに関しても非常に強固になり、あらゆるデータをクラウド上に保存する文化が当たり前になりつつあります。

例えば、個人で撮りためた写真や動画もハードディスクに保存していくのではなく、またパソコンに保存するのではなくクラウド上に保存することが増えているのではないでしょうか。同じく、法人が持っているデータもクラウド上に保管することが非常に多くなっています。

そこで、新たな投資として生まれてきたのがデータセンター投資になります。いかにクラウド上に情報を保存するからといって、サーバーを設置する場所は必要になりますし、ハードについても必ず必要になります。

そこで、このようなニーズを捉えて、データセンターを設置しようとする事業者が投資を募って値上がりを狙うような市場が生まれてきています。
単なる時に投資をするわけではなく、そこに付加価値がつくこともあって、通常の不動産投資よりも価値が高く、どのような情報を保管するかによって値上がりするメリットも大きくなるのが実態です。
逆に、ある程度最初から扱う情報が決まっていれば値下がりするリスクも低く、非常に投資としては価値が高いと言われる状況になってきています。

もちろんのことながら、まだまだ主要な市場としてとらわれていないので認知度が低くリスクが高いと考えている方々も多いのが実態です。

しかしながら、実態を考えると、間違いなくこれからもクラウド上に保存するデータは増える一方である事は言うまでもありません。
だからこそ、さらなるニーズが高まりデータセンター投資の市場も価値が高くなってくるのです。

どうしても投資と言えば金融商品に目を向けがちですが、これからは情報が非常に重要とされる時代です。だからこそこのようなデータセンターに投資をする事は、先物取引でもなく非常に現物に近い投資と言うことで安心感も高いのではないでしょうか。

まだまだ未開拓のこともあり、先行者メリットで安値で投資をすることができるのでプラスに転じる幅が大きくなる可能性を秘めています。

リスクばかりを考えるのではなく、少しでもこのような新規の投資を行った上、様子を見ながらさらに投資をしていくといった考え方も重要ではないでしょうか。

結果的に、資産を増やすことができれば非常にメリットがあると思います。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket